事務局からのお知らせ

フォトアルバム 浅野先生と遠藤さん@公立相馬総合病院

大雨の中、日帰り支援をして下さった浅野先生と看護師 遠藤さんのツーショットです!

お二人の笑顔が,すてきですね。

CIMG2258

フォトアルバム 細く長く 支援のこころが、つぐまれております

松本市立病院 小口弘子先生

スライド1

 

東京女子医科大学 上原朋子先生

スライド1 のコピー

「ほそく、でも、ながい」お手伝い

名古屋大学小児科(前 公立陶生病院)上田 一仁より、夏に訪れて頂いた際のありがたいコメントを頂きました。

大船渡病院ページより再掲させて頂きます

上田先生、大変ありがとうございました

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます

 

以下、上田先生のコメント

2013年8月、東日本大震災小児医療復興新生事務局のお力を得て、私は初めて震災後の岩手県を訪れさせて頂きました。

2011年3月当時、初期研修医であった自分は、「何かしたい」と思いながらも、勤務先の病院が派遣した医療チームを応援することしか出来ませんでした。その後、小児医療に携わる中、この事業のことを知り、夏季休暇を利用して応募させて頂きました。

震災前後を通じて岩手県を訪れたのは初めてでしたが、そこで目にしたものは私の想像を遥かに超えていました。震災と津波の未だ消えない傷跡、あの日のことを無言で伝える震災遺構、未だ十分とは言えない復興状況… そこには、岩手山をはじめとする美しい自然とはあまりにも裏腹な現実が横たわっているように思いました。

しかしその一方で、大船渡、陸前高田、遠野の各病院で懸命に働かれている先生方の姿に接し、深い感動を覚えました。また、2011年のあの時、全国から集った医師が時間を共にした小屋の壁には、熱いメッセージがびっしりと書かれていました。同時に診療の合間には病院のスタッフの方々からも手厚いお心づかいを頂き、岩手の方々の温かさをしみじみと感じました。

こうした光景は、愛知に帰った今も忘れることが出来ません。そんな自分に少なくとも今できることは伝えることだと思い、訪問時の写真を時折見せながら、この事業のことを周囲に紹介したりしています。

季節柄患者数も少なく、また1日体調を崩してしまったこともあり、今回自分が「支援させて頂いた」などとは決して申し上げられません。むしろこれからも、自分にできる「ほそく、でも、ながい」お手伝いの機会を伺っていこうと思います。私の心に、色々なものを頂いた本事業に、改めて感謝申し上げます、ありがとうございました。

上田一仁先生(一本松)

”復興” 再度、岩手が子どもを産み、育てやすい街になるために

震災後3年を迎え、岩手県医師支援推進室より、

「地域小児医療復興新生講演会」にて大分大学小児科教授 泉先生に

ご講演頂いた際の様子をご送付頂きました。下記にコメント・お写真を掲載します。

今後とも、多くの皆様の支援活動を通じて、被災地の子どもと

それに関わる多くの皆様にとって、より住みよい街へ一歩ずつ進んでいくことを願ってやみません

 

以下コメント

2月21日盛岡市で大分大学小児科学講座教授 泉 達郎先生の講演会が開催されました。

「“復興”再度、岩手が子どもを産み、育てやすい街になるために」

―予防接種の完全実施と5歳児健診による発達障がいへの早期支援の取り組み―

という題目でした。大分大学小児科学講座が行っている気仙地域への支援活動として泉先生が、

当地にいらしたのは2回目となります。昨年は被災地である気仙地域、宮古地域で同様の講演会を開催しましたが、

今回は岩手県全体の小児科医、行政、教育関係者、保健師等を対象に行いました。

少子高齢化に悩む地方が存続していく上での小児科医の役割を大分県での実績を交えてお話しいただきました。

被災地復興のために小児科医が行うべきことを考えるうえでも示唆に富む内容でした。

大変ありがとうございました。

H26.2.21地域小児医療復興新生講演会