石巻市夜間急患センター

石巻市夜間急患センター 外観
佐藤所長とスタッフ
 石巻赤十字病院敷地内に移転後の新センターでは、初期救急の対応に特化することが出来るようになり、救命救急センターとの役割分担が明確になり、病診連携体制の充実が図られました。
 三陸自動車道に隣接していることから、利便性の面からも患者数の増加傾向が今後も続くと思われます。
 石巻の復興はインフラの面では徐々に進展していますが、地域の小児科医不足が続いている状態で、皆様からのご支援がまだまだ必要と考えています。 
 今後ともよろしくお願いいたします。所長:佐藤 仁人

募集要項

勤務期間
勤務期間(時間)は、土曜日の18時から翌朝7時まで。 1回からの支援に応じさせていただきますので、遠慮なく、ご相談ください。
※支援希望日の前月 5日までにご連絡ください。
勤務内容
夜間急患センターでの小児科初期救急外来を中心とした診療活動。
報酬等
石巻市が定める規程等により支給。

基本データ

病院長
佐藤 仁人(所長)
小児科長
総病床数
0
総常勤医数
2

小児科基本データ

小児科医数
非常勤のため不定
病床数
0
年間患者数
入院
0
外来
9,695(H30:夜間診療6,785 休日当番2,910)
救急外来
救急車受諾
0
その他備考

  • 2019/11/26 曽根先生,先日は御支援いただきありがとうございました. 石本 晴美  (所属:宮城県保健福祉部 医療政策課)
    曽根先生,先日は御支援いただきありがとうございました.
    急患センターと隣接する赤十字病院は役割分担と連携により地域の小児医療を担っております.
    曽根先生を始めとする先生方の御支援により,この仕組みも有効に機能しております.
    今後もお時間の許す時に是非お越しください.
    そして,石巻の復興を見守っていただければ幸いです.
  • 2019/11/26 初めてお世話になりました. 曽根 滋巳 (所属:共愛会病院)
    初めてお世話になりました.
    PCの操作をその都度、御指導いただき、ありがとうございました.
    赤十字病院の先生への紹介を快く受けていただき、ありがとうございました.
    感動しましたのは、急患センターと病院がつながっており、
    重症患者さんを搬送できるシステムであることでした.
    石巻駅で乗ったタクシーの運転手さんからも、
    震災の時、病院周辺の状態等、伺い大変さをあらためて感じました.
    不定期ではありますが、またお世話になりたいと思います.
    今後ともよろしくお願いいたします.
  • 2019/07/12 先日はご支援いただきありがとうございました 石本 晴美 (所属:宮城県保健福祉部 医療政策課 地域医療第二班)
    先日はご支援いただきありがとうございました。

    地域の医療機関の負担軽減ということでは,軽症患者を急患センターで診療し,

    重症者を隣接する総合病院が担当することで,総合病院に過度な負担がかからないよう役割分担しております。

    また,この取組を続けていることで今では地域医療の支えとなっており,全国の先生方に感謝申し上げます。

    今後もご都合のよいときに是非石巻にお越しください。

    よろしくお願いいたします。
  • 2019/07/12 不慣れなもので N先生 (所属:)
    お世話になりました。不慣れなもので、皆様にご迷惑おかけしなかったでしょうか。

    この診療所が地域の住民の信頼と支持を得られ、重責を担っているということでしょうか。

    しかし、ここを維持するためには何らか支援がないと地域医療の維持が困難になるのではと拝察致します。

    小生でよければ(皆様が今回で懲りてなければ)またお伺い出来たらと存じます。
  • 2019/07/02 上田先生,ご支援いただきありがとうございました 石本 晴美  (所属:宮城県保健福祉部 医療政策課)
    上田先生,ご支援いただきありがとうございました.
    急患センターの小児科部門は,石巻市はもとより近隣市町からの
    患者の受け入れについて大きな役割を担っていますが,
    マンパワーに関しては,小児科医師が充足しているとは言いがたく,
    市内の小児科医師だけでは診療体制の確保に苦慮する状況です.
    上田先生をはじめとする全国の先生のご支援があればこそと感謝しております.
    今後とも”ほそくながく“ご支援いただければ幸いでございます.
  • 2019/07/02 年数回でも、復興のお手伝いができるよう様に 上田 達郎 (所属:母と子の上田病院)
    数年前に石巻赤十字病院の隣に移転する前の急病診療所にお伺いした時に比べれば、
    建物も設備も全て新しくなっており感心しました.
    マンパワーの方はどうなんでしょうか.
    私は年数回でも、復興のお手伝いができるよう様に永くお伺いしたいと思います.
    宜しくお願いします.
  • 2019/05/29 足立先生,先日はご支援をいただきありがとうございました. 石本 晴美  (所属:宮城県保健福祉部 医療政策課)
    足立先生,先日はご支援をいただきありがとうございました.
    被災地支援として始まったこの取組ですが,今では地域の小児医療を支える大切な役割を担っています.
    他の地域から宮城に来ている私も,先生と同様に地域医療を支えるとてもいい仕組だと感じています.
    子ども達が身近な場所で医療を受け続けることができるよう,
    機会がございましたら,またご支援いただければ幸いでございます.
  • 2019/05/29 住んでいる地域に関係なく、子どもに平等な医療が提供できる世の中になれば良いですね. 足立 晋介 (所属:市立福知山市民病院)
    支援に来られている先生がおられるのは知っていましたが、自分には縁遠いものと思っておりました.
    今回、身近な医師から情報を聞いたことと、職務的に支援できるようになったため参加させて頂きました.
    ありがとうございました.
    東北はもちろんですが、小児科医の不足している他の地域でも、このような制度は有効だと思います.
    住んでいる地域に関係なく、子どもに平等な医療が提供できる世の中になれば良いですね.
  • 2019/05/08 田中先生,先日はご支援ありがとうございました. 石本 晴美  (所属:宮城県医療政策課)
    田中先生,先日はご支援ありがとうございました.
    4年ぶりということでしたが,忘れずにいていただけたことに感謝申し上げます.
    急患センターはもちろんですが,町の様子などいろいろな場面で前回との違いを感じていただけたのではないでしょうか.
    また機会がありましたら,ぜひ石巻へお越しいただき,”ほそくながく”ご支援を頂ければ幸いです.
  • 2019/05/08 安心して診療することができました. 田中 宏 (所属:星ヶ丘たなかこどもクリニック)
    愛知県豊田市から参りました。前回、平成27年7月から4年振り、令和元年5月に2回目の勤務となりました.
    前回は震災後4年目で、JR仙石東北ラインの開通直後で周囲の町並みも震災後の影響を色濃く残していました.

    石巻市夜間急患センターも仮設診療所でしたが、スタッフの皆様の支援もあり、無事に勤務できた思い出があります.
    今回、新設された急患センターは、石巻赤十字病院の敷地内にあり、
    二次救急の必要な場合のバックアップ体制が充実している印象で、安心して診療することができました.
    スタッフの皆様の支援で楽しく診療させて頂きありがとございました.

    写真
    前列向かって右:田中先生 
    後列:石巻市夜間急患センターのスタッフの皆様
もっと見る