東日本大震災小児医療復興新生事務局とは

事務局代表(第3代)福士 昭(岩手県医療局 医師支援推進担当課長)
(右から3番目)

東日本大震災小児医療復興新生事務局とは

「東日本大震災 小児医療 復興新生事務局」は、震災により顕在化した地域医療の疲弊に手を差しのべるべく、日本小児救急医学会、日本小児科学会、岩手、宮城、福島県(被災3県)大学、地域基幹病院などが協力し合い、3県庁合同で、2012年12月20日に設立されました。
 小児地域医療基盤の復興に止まらず、新たな地域医療の枠組を創造(新生)することを目指し、全国から支援医師を公募、被災地を中心とする地域基幹病院へ派遣調整を行います。本事業を通じて地域小児医療に携わる多くの医療関係者と手を取り合い、被災地の子どもを細く長く見守っていきたいと思います。 初代からの東日本大震災小児医療復興新生事務局 構成員
  • 日本小児科学会会長
    国立成育医療研究センター総長・理事長
    五十嵐 隆
     日本小児救急医学会災害医療委員会東日本大震災継続支援ワーキンググループ(WG)の活動が5周年を迎えられたことをお慶び申し上げます。
     同WGが東日本大震災で大打撃を受けた岩手県、宮城県、福島県の医療施設に、2015年9月末日までにのべ 1,119日、485件の医療支援をされてきたことに感謝いたします。地域の医療ニーズに合わせた医療支援を地道に途切れることなく実行することは簡単なことではありません。これまで同WGが支援をされてきた地域はもともと医療過疎の状況にあるところが多く、同WGの継続的な医療支援はそれらの地域に大きな助けとなったことは間違えありません。これからも医療支援の必要な状況にある地域は少なくなく、同WGが活動を続けられることを願っております。また、日本小児科学会としても同WGの活動をこれからも支援したいと考えます。
    過去のコメントはこちら
  • 日本小児救急医学会理事長
    北九州市立八幡病院小児救急センター
    市川 光太郎 丸5年!
     東日本大震災と大津波から、丸5年、復興〜新生への道程は始まったばかりという程度に過ぎないと完全新生までの道程はきわめて長期のスパンを要するものだろうと推察します。
     5年の間に、世界も日本も大きなうねりの中で、色々な変化・変動にさらされている状況で、目を見はる、或いは目を背けたくなる事象に遭遇しています。しかし、3.11.の傷跡は変わらないままであり、まだまだと言うより、もっともっと支援の手が必要な状況と考えています。
     小児医療復興新生事務局の設立から丸3年余り、そのあゆみはまさに「ほそくながく」ですが、確実に足跡を残し、足跡の彼方に将来への期待が見通せます。地域小児医療支援につながる医療提供体制が構築されていくことを願うばかりです。
     日本小児救急医学会として、救急という急性期のみではなく、まさに回復期の医療支援も救急医療の時間軸の中で、車の両輪と考えて、向かい合わなくてはならないと考えています。心ある会員が一人でも二人でも復興新生事務局を通じて支援の手を差し伸べてくださることを心から願いながら、「ほそくながく」の活動が言葉どおり続いていきますことを願っています。
    2016.3.11
    過去のコメントはこちら