東日本大震災小児医療復興新生事務局とは

事務局代表(第4代)多賀聡(岩手県医療局 医師支援推進担当課長)
(前列左から2番目)

東日本大震災小児医療復興新生事務局とは

「東日本大震災 小児医療 復興新生事務局」は、震災により顕在化した地域医療の疲弊に手を差しのべるべく、日本小児救急医学会、日本小児科学会、岩手、宮城、福島県(被災3県)大学、地域基幹病院などが協力し合い、3県庁合同で、2012年12月20日に設立されました。
 小児地域医療基盤の復興に止まらず、新たな地域医療の枠組を創造(新生)することを目指し、全国から支援医師を公募、被災地を中心とする地域基幹病院へ派遣調整を行います。本事業を通じて地域小児医療に携わる多くの医療関係者と手を取り合い、被災地の子どもを細く長く見守っていきたいと思います。 初代からの東日本大震災小児医療復興新生事務局 構成員
  • 公益社団法人 日本小児科学会会長
    慶応義塾大学病院 小児科 教授
    高橋 孝雄
     東日本大震災はあまりに甚大な被害をもたらし、被災地域の小児医療においては医師不足と現場の疲弊といった問題が今なお続いております。被災地域の医療を「ほそくながく」支援すべく、東日本大震災小児医療復興新生事務局は岩手、宮城、福島県の地域基幹病院へ医師派遣を調整し、その診療支援実績は3県で延べ日数400−500日/年となりました。繰り返し診療いただいている先生には息のながい御支援に心より感謝を申し上げますと共に、診療支援の輪がさらに広がり、被災地域医療の現場が多くの方に共有されることを願っております。被災地で生まれ、育まれる子ども達は地域だけでなく日本の明るい未来への希望でもあります。彼らの健やかな成長と輝く笑顔のために、ぜひ全国の先生からの御支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。平成29年5月
    過去のコメントはこちら
  • 一般社団法人 日本小児救急医学会理事長
    京都第二赤十字病院 副院長・小児科部長
    長村 敏生 東日本大震災復興へ向けた小児医療支援事業のさらなる継続と発展を願って
     2011年3月11日の東日本大震災から6年半が経過し、防波堤の完成により街の姿が新しくなった地域もあれば、今なお帰宅困難区域の指定が解除されずに故郷へ帰ることができない人々もおられ、震災復興の歩みは地域により様々です。
     日本小児救急医学会では2012年12月20日の岩手・宮城・福島の3県行政合同による東日本大震災小児医療復興新生事務局の設立、2013年5月2日のホームページ開設を経済的に支援するとともに、本学会災害医療委員会が中心となって小児医療支援(医師派遣)事業の支援調整を継続してきました。この間、多忙な勤務の中を快く診療支援に応需いただいた多くの先生方には改めて感謝申し上げます。
     現在も被災地域では、多くの制約の中で新たな小児地域医療モデルを目指す様々な意欲的な試みが模索されています。本学会ではこれからも東日本大震災小児医療復興新生事務局と連携しながら、絆で結ばれた学会員の輪を広げ、被災地域の未来を担う子どもたちのために「ほそくながく」医療支援活動を続けていきたいと考えています。「ほそくながく」の趣旨にご賛同の先生方のご協力を心より祈念します。

    過去のコメントはこちら