事務局からのお知らせ

鈴木文晴先生ありがとうございました! NEW

9月17日(日)、18日(月・祝)の2日間、東大和療育センター 鈴木文晴先生に公立相馬病院の小児科救急支援をいただきました.

連休にもかかわらず、お忙しい中ご支援いただきまして大変感謝いたしております.

週末は丁度台風と重なりましたが、移動への影響等は大丈夫でしたでしょうか?

引き続き、東北のこどもたちのため、機会がありましたらご支援をいただけますと幸いです.

ほそく、ながくよろしくお願いいたします!!

 

事務局一同

鈴木文晴先生①

医薬品リストの更新@石巻市夜間急患センター NEW

本HPをご覧の皆様、

これまで、これから石巻を訪れた(る)皆様、

表記にありますようにFAQにありました石巻市夜間急患センター

内服薬、注射薬、検査リストを更新いたしました(最新リストは、こちら

ご確認をお願いいたします

写真は、新築された災害医療研修センター 講堂前に掲げられた「赤十字旗」

DSC_0040

事務局

もどかしい気持ち 歯がゆい想い

この度、石巻市夜間急患センターを9月にご支援頂きました

石上新平先生より貴重なコメントを頂きましたので

再掲させて頂きます

石上先生によりますと

「私はこの夜間救急は初めての参加です。千葉県銚子から来ました開業医です。

震災後、6年半経過しました。この間、私はもどかしい気持ちで一杯、何かに携わりたい、歯がゆい想いの毎日でした。

本日、この夜間救急に参加させて頂きました。ありがとうございます。

ほんの少しスッキリしましたが、まだまだお力にはなっていません。石巻地域の皆様の御健康と御多幸をお祈り申し上げます。微力ですが、また支援したいと思っています。

追伸

一晩、担当させて頂きましたが、この小児救急は地域の人達から愛されている事が分かりました。いつでもどんな時でも診ていただける病院がある事は安心して生活ができる事であるから、我々も、日赤さんが待機しているので、安心して診療ができる。ありがとうございました。」

とあります

まだまだ全国でこうしたもどかしい、歯がゆい想いを抱えていらっしゃるかたの心を

当事務局は、東北に、地域に、子どもにお届けできるよう一所懸命、調整させて頂きます!

どうか、ほそくながく、これまでも、これからも、

より一層、寄り添う気持ちを

いつも、いつまでも、東北に、地域に、子どもにお寄せ下さい

あれから6年半、いっそう、ほそくながく!

 

石上先生、ご支援頂きありがとうございました!

急患センターの強みは何といっても、赤十字病院敷地内ということと、

大学医局、地域小児科医会、基幹病院、行政の四身一体の地域医療の展開にあります!

またお越し頂ければ幸いです!!

事務局一同

森山秀徳先生ありがとうございました!!

9月3日(日)は森山秀徳先生に公立相馬病院の小児科救急支援をいただきました.

ご多忙の中、誠にありがとうございました.

こどもたちの夏休みも終わり、暑い夏から徐々に肌寒い季節へ移り変わる時期、

体調を崩される方の受診も多かったのではないでしょうか.

森山先生には1o月にもご支援をいただくこととなっており、感謝申し上げます.

 

事務局では、引き続き、ほそく、ながく、ご支援をいただける先生方を募集しております.

今後ともよろしくお願いいたします!!

 

事務局一同

森山秀徳先生①

 

日本小児救急医学会理事長 長村敏生先生 特別寄稿

「東日本大震災復興へ向けた小児医療支援事業のさらなる継続と発展を願って」

 

2011年3月11日の東日本大震災から6年半が経過し、

防波堤の完成により街の姿が新しくなった地域もあれば、

今なお帰宅困難区域の指定が解除されずに故郷へ帰ることができない人々もおられ、

震災復興の歩みは地域により様々です。

日本小児救急医学会では2012年12月20日の岩手・宮城・福島の3県行政合同による

東日本大震災小児医療復興新生事務局の設立、

2013年5月2日のホームページ開設を経済的に支援するとともに、

本学会災害医療委員会が中心となって小児医療支援(医師派遣)事業の支援調整を継続してきました。

この間、多忙な勤務の中を快く診療支援に応需いただいた多くの先生方には改めて感謝申し上げます。

現在も被災地域では、多くの制約の中で新たな小児地域医療モデルを目指す

様々な意欲的な試みが模索されています。

本学会ではこれからも東日本大震災小児医療復興新生事務局と連携しながら、

絆で結ばれた学会員の輪を広げ、

被災地域の未来を担う子どもたちのために「ほそくながく」医療支援活動を

続けていきたいと考えています。

「ほそくながく」の趣旨にご賛同の先生方のご協力を心より祈念します。

一般社団法人 日本小児救急医学会理事長

京都第二赤十字病院 副院長・小児科部長

長村敏生

長村