事務局からのお知らせ

晴れ渡る吾妻連峰と新緑 NEW

とても気持ちの良い季節になりました

是非、東北へ、福島へ、お越し下さい

緑豊かな大自然、子どもの未来が育まれています

第125回日本小児科学会で本事業の取り組みがご紹介されています

日本小児科学会に所属の皆様におかれては

先月福島で行われました第125回日本小児科学会学術集会内の

1)開会の辞・会頭講演(座長 岡明、演者 細矢光亮先生)

2)特別講演4 今日のこどもを取り巻く環境と小児科学会の役割(座長 細矢光亮、演者 岡明先生)

で1)ほんの少し、2)冒頭で取り上げられております

アーカイブ配信是非ご覧下さい

https://site2.convention.co.jp/125jps/index.html

 

また、特別講演1.

現場における緊急時対応力の向上に向けて~福島第一原子力発電所事故のもう一つの教訓~

(座長 細矢光亮、演者 吉沢厚文先生) ライブ配信のみでしたが大変大変、貴重な講演でした

 

岩手の人

ふとYAHOOニュースのリンク、日刊スポーツを拝読していて

表記、高村光太郎の詩が紹介されていました

写真は、陸前高田 奇跡の一本松と岩手山になります

 

岩手の人眼(まなこ)静かに、
鼻梁秀で、
おとがい堅固に張りて
口方形なり。
余もともと彫刻の技芸に遊ぶ。
たまたま岩手の地に来たり住して、
天の余に与ふるもの
其の如き重厚の造型なるを喜ぶ。
岩手の人沈深牛の如し。
両角の間に天球をいだいて立つ
かの古代エジプトの石牛に似たり。
地を往きて走らず、
企てて草卒ならず、
ついにその成すべきを成す。
斧をふるって巨木を削り、
この山間にありて作らんかな、
ニッポンの背骨岩手の地に
未見の運命を担ふ牛の如き魂の造型を。

 

 

「白石川堤 一目千本桜」 国鉄色の臨時快速列車が春を巡ります!

皆様

待ちわびた春が北上中です!

宮城担当(鈴木大翔)より写真が届きました

以下そのコメントです

 

白石川堤 一目千本桜」の風景です!
こちらは日本さくら名所百選にも選ばれております。
白石市は県南部に位置していて、写真は4月上旬の様子でした。
県北部でもここ1、2週間で桜の見頃を迎えており、これからは初夏の風景に変わっていきます。
新年度もどうぞよろしくお願いいたします!

 

花曇りの春が駆け巡ります

皆様

新年度始まりましたが、如何お過ごしですか

東京では、花曇りの春が、雨雲に追い立てられるように過ぎていくようです

新年度もどうぞよろしくお願いします

事務局一同