みんなのコメント[全件]

この度は大変お世話になりました小田愼一(所属:公立岩瀬病院 小児科)

2018/10/01 [公立岩瀬病院]
9月14日の小児科外来診療と連休中の日直についてご支援いただき大変助かりました.
また、外来診療以外に一ヶ月健診についてもご対応いただき有難うございました.
今後とも宜しくお願い致します.


力強いサポーター渕向 透(所属:岩手県立大船渡病院 院長 / 小児科)

2018/09/27 [岩手県立大船渡病院]
先生には震災後岩手県を継続して支援していただき大変感謝しています.
現在では簡単な申し送りで業務をお願いできる状態であり、
私たちにとって、とても力強いサポーターです.
今後ともよろしくお願い申し上げます.

岩手県のお手伝いをして感じること弥富 耕平(所属:医療法人社団福生会 斎藤労災病院 健康管理センター産業医/労働衛生コンサルタント)

2018/09/27 [岩手県立大船渡病院]
現在は、中小零細企業専門の産業医をしながら、本来の小児科医を続けるチャンスを、この岩手県でいただいています.
2013年初夏よりほぼ毎月、遠野・大船渡・高田病院のお手伝いを続けていて、直近の数年は、GW・お盆・年末年始を岩手で過ごすことが恒例になってしまいました.
日々の仕事をしながら、はからずも子どものよさ、小児科医であったことのありがたみを、改めて噛みしめるようになりました.

このHPをご覧になっている先生方、ぜひ一度、岩手県で小児科医生活を経験してごらんになることをお勧めします.
臨床医の生活圏というのは非常に狭く、かつての私も含め、病院と自宅の点と線上でしか生きていないことも珍しくありません.
民話の郷である遠野、そして、ある標高から急に建物群の様相が変わる陸前高田や大船渡……
そこで清冽な空気を吸いつつ、今も復興途上にある岩手県のお手伝いをしていると、
何をあんなにカリカリ・イライラしていたのか、不思議になります.
そして、「専門外だから診られない」という、救急車を断るときの常套句が、
首都圏など大都市圏でしか成立しないという単純な事実に気づかされ、
初めて医師を志した時の原点に引き戻されるような感覚を覚えます.

踏ん切りがつかなければ、まずは1泊2日. 帰る時には、少し違った自分になれていると思います.

木平先生、ご支援ありがとうございました小田愼一(所属:公立岩瀬病院 小児科)

2018/09/20 [公立岩瀬病院]
この度は5日間にわたってのご支援、大変お世話になりました.
先生ご自身も開業を控えたお忙しい時期にご支援頂き有難うございました.
また機会がありましたらご支援頂ければ幸いです.
今後とも宜しくお願い致します.

お世話になりました木平 健太郎(所属:伊勢赤十字病院 小児科 )

2018/09/20 [公立岩瀬病院]
小児科学会雑誌に同封された本プロジェクトの案内から以前より気になっていましたが、慢性的に人手不足にある医局、病院に所属している間は参加しづらい状態でした.
今回は独立を機に、無所属となったため、その初日より参加しようと申し込みました.
お世話になりました、公立岩瀬病院は大船渡病院の次の2つめの施設でした.
勤務前日の午後に到着し、その日のうちに電子カルテの使用法について医療情報の方から教えて頂き、スムーズに診療に入れました.
初日は、外来診察室にMA(メディカルアシスタント)の方がついて下さり、オーダリングに困ることはありませんでした.
診察前に比較的詳しい予診がMAさんにより電子カルテに入力されており、入力の手間がかなり省けて患者さんとゆっくり対面で話が出来、効率的に診療が行えました.

今回は平日3日間の外来と健診、土日の時間外受診(日直)の5日間、お手伝いいたしました. とはいっても、常勤の先生方は四六時中、忙しそうにされてたので、わずかばかりの働きで申し訳なくも思っていました.
外来は、RSVなど呼吸器感染、胃腸炎などが多かったです.
仕事は外来のみで、病棟業務はありませんでしたが、新入院は毎日平均5人前後で、多い日で8人という日もありました.小児科常勤医は3人で、小児病棟に加え、昨年オープンのNICU(3床)、一般外来や健診等も普通にされており、本当に大変な仕事量(激務以上!)と感じましたが、小田部長をはじめ、皆さん生き生きと笑顔を絶やさず仕事をされている姿を見て、失っていた何かを思い出させて頂きました.
総務課の福田さんには、事前に宿泊など調整をして頂いており、安心して過ごすことができました.
看護師さん、MAさんは何を聞いてもわかりやすく答えて下さり、非常に働きやすかったです.
大変ありがとうございました.