福島県
  • 福島県立医科大学医学部 小児科学講座 教授 細矢 光亮 「ほそくながく」
     2011年3月の東日本大震災から6年が経ちました。これまで、全国のたくさんの方々より温かいご支援をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。
     太平洋沿岸部にある公立相馬病院は、地震、津波、原発事故で大きな被害を受けた相馬双葉地区にあり、この地区で唯一の小児入院施設を有する小児医療の砦です。常勤医3名が地域小児医療を担ってきましたが、震災後は原発事故による避難者の増加もあり、常勤医が疲弊しておりました。日本小児救急医学会を通じた公立相馬病院への休日診療支援は、常勤医の心身の負担を軽減するのに大いに役立ちました。
     2013年10月から、日本小児救急医学会の支援募集医療機関に福島県中通り中部にある公立岩瀬病院を加えていただきました。公立岩瀬病院は地震被害により旧病院の使用が困難になりましたが、幸い竣工されたばかりの新病院に円滑に移転し、診療を継続することができました。震災前と同様に常時20-40名の入院患者がおり、これを僅か3名の常勤医が粉骨砕身し、これに日本小児救急医学会の支援をいただき、この難局を乗り切ってくれました。2017年4月には周産期医療を担う新病棟がオープンし、福島県中通りの小児科診療拠点の一つに成長しつつあります。
     2015年8月から福島県南会津地方の県立南会津病院を9番目の支援施設に加えていただきました。超過疎地域ですが、他の医療圏からは遠く離れており、たった1人の小児科医がこの地域の小児医療を護ってくれています。休日の診療支援をいただき、常時拘束される状況から解放される時間を持てるようになりました。
     一旦崩壊しかけた福島県の小児医療体制でしたが、日本小児救急医学会「東日本大震災小児医療復興新生事務局」を通じた様々なご支援をいただいたこともあり、順調に回復してきています。これからも、「ほそくながく」ご支援をお願いします。
    平成29年3月11日
    過去のコメントはこちら
  • 福島県保健福祉部 地域医療課 主任主査(医師確保担当) 國分 透
     東日本大震災の発災から6年が経過しましたが、当県では地震・津波により被災された方、原発事故に伴う避難区域の設定により避難を余儀なくされた方など、未だ8万人近くの県民が県内外で避難生活を余儀なくされております。
     この間、国内外からたくさんの温かいご支援を頂き、当県の復興は着実に進んでまいりました。医療の分野においても、被害を受けた医療機関の復旧・再開や医療人材の確保など、医療提供体制の再構築に取り組んでいるところです。
     しかし、医療人材の確保は厳しい状況が続いており、特に、小児科医につきましては平成26年における当県の15歳未満人口10万人あたりの医師数は85.9人であり全国平均の103.2人を大きく下回るなど、依然として減少傾向が続いております。
     このような状況の中で、全国の多くの皆様の御支援と、当県に心を寄せてくださる皆様の温かい気持ちが、当県の復興を進める上での大きな力となっております。
     当県の未来を担う子どもたちが安心して伸び伸びと暮らすことができるふくしまの復興を成し遂げるため、引き続き全国の医師の皆様のお力添えをお願い申し上げます。
    過去のコメントはこちら