• 東北大学大学院医学系研究科小児病態学分野 教授 呉 繁夫  今日は2017年3月11日。14時46分に黙祷を行い、丁度6年前となった「あの日」のことを思い出しながら、この文章を書いています。現在、震災で大きな被害を受けた宮城県内の小児医療施設は、ほぼ震災以前の診療機能を取り戻しています。これも全国の方々からのご支援の賜と心より御礼申し上げます。そのなかで、石巻市夜間急患センター小児科には、現在も東日本大震災小児医療復興新生事務局を通じて、小児科医師の派遣を頂いています。震災6年経った現在も多くの先生方のご支援が続いていることは感謝に堪えません。また、この診療支援を支えて頂いている日本小児救急学会や宮城県庁医療整備課の方々に心より御礼申し上げます。
     昨年12月1日より、石巻市夜間急患センターは、重症例への対応等で石巻赤十字病院小児科との連携強化を目指し同院敷地内に移転しました。未だ小児科医師不足が続いている石巻市夜間急患センターを今後とも「ほそくながく」ご支援頂ければ幸甚に存じます。
    平成29年3月11日
    過去のコメントはこちら
  • 宮城県保健福祉部医療政策課 地域医療第二班 主任主査 石本 晴美
    この4月から事務局の宮城県を担当している石本です。
     全国の小児科医の先生方には、震災から8年が経過した今も「石巻市夜間急患センター」への御支援をいただいており、ホームページのカレンダーの土曜日はほぼ「御支援を頂く予定あり」が続いておりますこと、心より感謝申し上げます。
     私は4月に広島県から宮城県へ派遣されたため、東日本大震災による被災経験はありませんが、昨年7月の豪雨災害で広島県内の多くの地域に被害が出た折りには、たくさんの自治体や医療関係者の方々がすぐに駆けつけ支えてくださり、ありがたく思っております。
     この事業は、地域医療を支えるとてもいい仕組みだと思っています。これは関係者の皆様の御尽力の賜でもあります。この仕組みが今後も有効に機能し、引き続き石巻市夜間急患センターが地域の小児医療を担っていけるよう、小児科医の先生をはじめ皆様からの御支援を“ほそくながく”賜りますようお願い申し上げます。

    平成31年4月25日
    過去のコメントはこちら