• 東北大学大学院医学系研究科小児病態学分野 教授 呉 繁夫  今年3月11日で東日本大震災発生から10年になります。宮城県では、現在でも多くの県外から小児科診療を支援して頂いています。そのご支援により、石巻市夜間急患センターにおける小児一次救急を継続して実施することが出来ています。震災10年経った現在も暖かい診療支援が続いていることは感謝に堪えません。また、この支援事業を支えて頂いている東日本大震災小児医療復興新生事務局や宮城県庁医療政策課の方々に心より御礼申し上げます。
     石巻市は、人口14万人の宮城県第2の都市です。2020年初めから顕在化した新型コロナウイルス感染症で、宮城県内の小児救急外来の様子も変わり、軽症患者が減り受診されるお子さんの数は減少した半面、重症度が上がりました。急患センターに隣接する石巻赤十字病院には常勤小児科医が5名勤務しており、重症患者のバックアップ体制が整っています。石巻市夜間急患センターの小児科一次救急を「ほそくながく」ご支援頂ければ幸いです。
     今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    過去のコメントはこちら
  • 宮城県保健福祉部医療政策課 地域医療第二班 主事 今野 直人
     東日本大震災から間もなく10年を迎えようとしております。津波により沿岸の医療機関は甚大な被害を受けましたが,その後,仮設で運営していた医療施設の再建が完了するなど,石巻市ひいては宮城県の復旧・復興は着実に進んでまいりました。
     私自身,震災時は学生の身で,将来,宮城県の復旧・復興のために何かできることはないかと思っておりましたが,図らずも本取組の県事務局を担当することができ,全国から御支援いただく先生方とのやり取りを通じて,被災地の小児医療提供体制の継続・発展の一端を担っていることは,とても良い経験をさせていただいていると考えております。
     また,今年度の取組に当たっては,新型コロナウイルスの感染拡大の影響により,一時期はせっかくの御支援のお申し出をお断りしなければならない事態もございましたが,募集した日程においては,ほぼ全ての日程で御支援の応募をいただくなど,小児医療に携わる皆さまの「力強さ・頼もしさ」を実感できた年でもございました。
     全国の小児科医の先生方には,これまでの御支援について改めて心より感謝申し上げるとともに,来年度以降も変わらぬ御支援を賜りますよう,引き続きよろしくお願い申し上げます。
    令和3年3月11日
    過去のコメントはこちら