岩手県
  • 岩手医科大学医学部小児科学講座 教授 小山耕太郎  東日本大震災から6年が経ちました。この間、全国の皆様から多くの温かいご支援をいただきましたことに厚く御礼申し上げます。日本小児科学会、日本小児救急医学会におかれましては、東日本大震災小児医療復興新生事務局を通して、全国の小児科医の皆様に被災地における診療応援を募集していただき、心より感謝申し上げます。被害が特に甚大であった気仙地域の県立大船渡病院と高田病院、内陸の遠野病院、胆沢病院、磐井病院にはこれまで多くの先生から応援をいただきました。あらためて御礼申し上げます。
     東日本大震災津波は、岩手県では、死者4672名、不明者1122名、そして多数の震災関連死をもたらしました。現在、県内の被災地は大規模なかさ上げ工事が終わり、遅れていた災害公営住宅の建設も進んでいます。医療提供施設の多くが再開されており、仮設で診療している高田病院も、平成29年度中の開院に向け、高台での工事が続いています。しかし、今も1万3283名の方が、仮設住宅で不自由な生活を強いられています。盛岡以外の県内各医療圏はもともと医師不足に悩んでいましたが、特に被災地は、地理的な特徴から医療圏が孤立しやすく、支援が困難です。昨年の台風第10号で再び被災した岩泉町と久慈市も他の医療圏から遠く離れており、県立久慈病院では大学から派遣した小児科医が、一人科長として、地域の子ども達を守っています。
     まだまだ苦難の続く被災地の皆様にとって、小児科医の確保は、地域で生きる支えのひとつであると思います。今後とも皆様の応援をお願い申し上げます。
    平成29年3月11日
    過去のコメントはこちら
  • 東日本大震災小児医療復興新生事務局代表 岩手県医師支援推進室医師支援推進担当課長 福士 昭
    「東日本大震災からの復興、そして地域の輝く未来に向けて」
     岩手・宮城・福島の3県に未曽有の被害をもたらした東日本大震災。
     あの日から幾年月が流れようとも、私たちの深い悲しみが癒えることはありません。
     津波の被害により深い傷跡を残した被災地では、復興後の輝く地域の未来を見据えて、関係者が一丸となって全力で復興に取り組んでいます。
     「奇跡の一本松」で知られる岩手県陸前高田市では、壊滅的な被害を受けた市街地全体を津波から守るための高さ12.5メートル、延長2キロにも及ぶ巨大な防潮堤が完成するなど、安全・安心の街づくりが各地で進められています。
     また、地域で暮らす住民の皆さんの命と健康を守るため、全壊した県立大槌病院、県立山田病院の再建が完了し、新たに県立高田病院の建設工事が始まるなど、地域医療においても復興の歩みが着実に進んでいます。
     一方で、被災地などでは、依然として深刻な医師不足が続いており、地域医療を取り巻く環境がさらに厳しさを増してきております。
     このような中、この事業を通じ、全国の小児科医師の皆様からいただいた温かいご支援は、将来の地域の担い手となる子どもたちとそれを見守るすべての方々に安心感をもたらし、地域医療の確保に奔走する医療関係者の皆さんをどれほど勇気づけたことか計り知れません。
     これまでの幾多にわたるご支援に対し、この場をお借りして厚く御礼申し上げるとともに、本事業を支えてくださる学会関係者や関係大学の皆様、関係各位のご尽力に対し、深く敬意を表する次第です。
     この事業で紡がれた被災地と全国の小児科医師の皆さんとの命の絆が、「ほそく ながく」将来にわたって受け継がれ、さらに支援の輪が広がり続けていくことを強く願っております。
     今後とも、被災3県の9病院・施設へのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
    平成29年3月
    過去のコメントはこちら