岩手県
  • 岩手医科大学医学部小児科学講座 教授 小山 耕太郎  東日本大震災から10年が経ちました。この間、全国の皆様から多くの温かいご支援をいただきましたことに厚くお礼申し上げます。日本小児科学会、日本小児救急医学会におかれましては、東日本大震災小児医療復興新生事務局を通して、全国の小児科医の皆様に被災地における診療応援を募集していただき、心より感謝申し申し上げます。被害がとくに甚大であった気仙地域の県立大船渡病院と高田病院、内陸の遠野病院、胆沢病院、磐井病院にはこれまで多くの先生から応援をいただきました。あらためてお礼申し上げます。
     東日本大震災津波は、岩手県では、2020年1月現在、死者4,674名、不明者1,112名、そして多数の関連死をもたらしました。県内の被災地は災害復興道路の整備が進むとともに大規模なかさ上げ工事が終わり、予定されていたすべての災害公営住宅が完成しました。しかし、宅地整備の遅れや工事の順番待ちなどからまだプレハブに暮らす住民もおり、震災の風化がいわれるなかで、生活やコミュニティーの再建はむしろこれからというのが実情です。また、こころのケアや子育て支援が必要な子ども、家族も多くみられます。一方で、震災の経験や教訓を将来に伝承しようとする子どもたちが現れているのは大きな希望です。
     県内各医療圏はもともと医師不足に悩んでいましたが、とくに被災地は、地理的な特徴から医療圏が孤立しやすく、支援が困難です。まだまだ苦難の続く被災地の住民にとって、小児科医の確保は、地域で生きる支えのひとつであると思います。今後とも皆様の応援をお願い申し上げます。
    令和3年3月11日
    過去のコメントはこちら
  • 東日本大震災小児医療復興新生事務局代表 岩手県医療局医師支援推進室 医師支援推進担当課長 山﨑 重信
     東日本大震災の発災から10年を迎えるにあたり、改めて犠牲になられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災した皆様に対しお見舞いを申し上げます。また、当事務局の事業に御支援くださっている皆様に対しましても改めて感謝を申し上げます。
     未曽有の大災害から10年。被災地では目に見えて復興が進みました。岩手県では災害公営住宅はすべて完成し、応急仮設住宅の全ての入居者がやっと恒久的な住宅に移行できる見通しとなりました。復興道路は順次開通し、年内には全区間の開通が見込まれています。
     一方で、突然家族を失った悲しみが深く心のケアが必要な被災者や、移転先のコミュニティになじめずに孤立しがちな被災者などに対して寄り添った支援がまだまだ必要です。医療に関しても、病院は再建されましたが、医師不足とりわけ小児科医の不足は地域に暗い影を落としています。
     震災により被災地の人口減少・少子化はますます加速し、復興の先の未来を担う子ども達は大切な地域の宝です。被災地に心を寄せ、支援してくださる小児科医の先生方は、地域にとって復興を支えてくださる希望の光となっています。
     今はコロナ禍で厳しい現状もありますが、子どもたちが健やかに成長できるよう「ほそくながく」取り組んでまいりますので、今後とも本事業への御支援をよろしくお願いいたします。

    過去のコメントはこちら