みんなのコメント[全件]

埼玉医科大学 先崎先生よりご支援を頂きました!先崎 秀明(所属:埼玉医科大学総合医療センター)

2013/09/03 [公立相馬総合病院]
公立相馬総合病院 事務部 総務課 吉田様より
先崎先生の診療風景を納めたお写真を頂きましたので、掲載させて頂きました。
先崎先生、また来て下さい!(復興新生事務局より)

高田便り 8月号森山 秀徳(所属:岩手県立高田病院 小児科)

2013/09/02 [岩手県立高田病院]
8月後半から朝と夜を中心により涼しくなってきた陸前高田です。8月は七夕祭りがありたくさんの子どもたちが祭りを楽しんでいました。祭りに集まって楽しんでいる子どもたちを見て、この明るい未来にちょっとした興奮を覚えました。ちなみにここの七夕は「けんか七夕」で、山車と山車がぶつかるため迫力ありとても楽しみました。ただ来年は浸水区域のかさ上げ工事があるかもしれないため、開催されるかは残念ながら決まってないそうです。

高田病院には初期臨床研修医が入れ替わりで地域医療として研修しています。8月までの2か月は岩手県立中央病院から池田秀之先生が来られていました。小児科志望でもある彼に、これからも被災地の記憶を持っていてもらえればと思います。彼の今後の活躍を祈っています。研修修了証とともに一枚。

それぞれの地での言葉を胸に山口 佳世(所属:東邦大学医療センター大橋病院小児科)

2013/09/01 [岩手県立高田病院]
私は2011年3月・7月に福島、2011年10月・2013年2月に岩手を訪れ、微力ながら支援させて頂きました。
岩手県立大船渡病院では 震災後周辺の過疎化が進んだという中、「子どものいない街には未来はない」と、子どもや親御さん方を小児科医の立場から支えていく使命感をお持ちの渕向先生のお言葉が印象的でした。また、高田病院の石木先生も、「医療が根付けば、人も根付く」という信念を持って ほぼ全てが波にのまれた中からの医療再建のリーダーシップをとっておられました。普段は意識しませんが、当たり前に毎日外来診療があるということも、住民の安心に一役買うのだと改めて感じました。
被災地支援は決して他人事ではなく、災害は自分の住む地域でも起こりうることです。医療資源やマンパワーが限られた状況でどう建て直していくかなど、勉強させて頂いております。

桜ラインの桜が満開になること、東北レインボーハウスの建設なども、心待ちにしております。

潮干狩りと磐梯山 つながりを求めて長谷川 聡(所属:新潟県立新発田病院 小児科)

2013/08/26 [公立相馬総合病院]
新潟県立新発田病院小児科の長谷川聡といいます。
相馬市は以前に家族で潮干狩りでお世話になったところです。また茨城出身の私としては、子供のころの家族旅行といえば常磐ハワイアンセンターや磐梯山で、福島はなじみの深いところです。個人的にお世話になった地に何ができるわけでもありませんが、せめて福島とつながっていたいと思いまた来させていただきました。

気仙地区診療支援 - 衝撃と一考 -関口 和人(所属:大分大学医学部小児科)

2013/08/22 [岩手県立大船渡病院]
 6月末に3泊4日の日程で、大分大学の東北地方への医療支援の一員として医療支援に参加させていただきました。大船渡病院、高田病院の外来診療に従事しました。診療をやさしくサポートしてくださったスタッフの方々に感謝いたします。私は今回はじめて被災地に参りました。震災当時の様子を先生方や住民の方々から直接伺う機会を設けていただき、衝撃を受けるとともに、深く考えさせられました。大変、貴重な時間を過ごすことができました。災害医療、地域医療を経験したことのない中堅、若手の先生には、ぜひ参加をおすすめいたします。