事務局からのお知らせ

第10回事務局会議詳報 その4

議事録シリーズ第4弾は、ずばり「支援実績」です!

のべ3,000日を超える支援を7年で、頂いております!

また、本事業を契機に、定期支援から、非常勤医や常勤医に就かれた医師がいます!

支援実績資料_1
事業概要_1
事業概要_2

明日には、本事業運営イメージ図を掲載予定です、乞うご期待!

第10回事務局会議詳報 その3

第10回東日本大震災小児医療復興新生事務局会議の詳報シリーズ3回目は、

日本小児救急医学会 災害医療委員会 東日本大震災継続支援ワーキンググループより、齊藤修先生、渕向透先生からのプレゼンです

齊藤先生は、日本小児科学会での発表の様子、渕向先生は雑誌「保健の科学」へ投稿された論文の要旨をご説明頂きました!

著作権により本文は割愛

第10回東日本大震災小児医療復興新生事務局会議@宮城県庁 その2

市川光太郎先生への哀悼の意を表した後、以下にあります式次第に沿って議事は進められました

和やかながら真剣に議事は進みます

この後シリーズで議事詳細を続報します!お楽しみに!

第10回東日本大震災小児医療復興新生事務局会議@宮城県庁

 令和元年7月8日、杜の都、仙台にて第10回事務局会議を開催しました!

 会議は、去る2018年10月11日にご逝去された市川光太郎先生(北九州市立八幡病院 院長、前日本小児救急医学会 理事長)に、哀悼の意を示すことより始められました。

 市川先生は、2011年東日本大震災発災時より日本小児救急医学会を通じてたくさんの支援医を東北に派遣して下さり、また本事務局開設に当たっては多くのご助言とご協力を下さいました。そして本事業が現在も継続出来るのは、まさしく市川先生のご尽力のおかげです。

 一貫して、こどもを、小児救急医療を守り育ててこられ、そして災害医療、地域医療にも大きくご尽力なさった先生にあらためて感謝し、ここに哀悼の意を示したいと存じます。

事務局一同

富田先生、ご支援ありがとうございました!

6月23日(日)に昭和大学小児循環器・成人先天性心疾患センター富田 英先生に 公立相馬総合病院の小児診療の支援をいただきました.

ご多忙の中、ご支援をいただき誠にありがとうございました.
今後とも、無理のない範囲でご支援をいただけますと幸いです.

事務局では、引き続きご支援をいただける先生方を募集しております. 東北3県のこどもたちの為に、ほそく、ながく、よろしくお願い申し上げます.


事務局一同